モノづくりの引き算と足し算

機能は絞れ

モノづくりは引き算と言われる。

あったらいいな、という機能を追加するとかえって価値が下がる。

もしくは、価値が届かなくなってしまう。

マーケティングとは、価値を届けるための活動全てと定義した。

消費者の先入観や知覚を事前に把握して、モノやコミュニケーションから、語感で感じ取れるすべての要素を管理しなければならない。

パッケージが女性っぽいから、男向けじゃないと思って素通りした。

文字だと読む気がしなくて、無視してしまった。

届けたい人に、届かなくなる理由を洗い出して全て潰さなければならない。

モノのデザインやUI、機能も価値が届くのを邪魔することがあるのだ。

機能が多いと、一番使ってほしい使い方に気づいてもらえない。

ユーザーの認識能力には限界がある。

僕もサービスを使いこなせないことがよくある。

世の大半は普通の人なのだ。

みんな東大卒じゃないし、常に100%の集中力で使えないし、いつでも使うのをやめられる。

プロモーションは足せ

一方で、プロモーションは足し算と言われる。

と、僕が言ってるだけかもしれない。

逆説的だが、コアの価値を届けるために、何かにあやかって付加価値をつける必要がある場面もある。

例えば、無名な人がポエムを書いてブログに載せても大して読まれないかもしれない。だが、流行りの音楽に詞を載せたら、多くの人に届くかもしれない。

普通の人は、自分に必要なものを見極めることができない。

だから、彼らが惹かれる要素を表に出したり、くっつけたりして価値を届ける。

最初は何かに乗っかるのがいいかもしれない。

・人気ドラマの挿入歌

・人気俳優のCM

・イケてる動画

こういった付加価値の部分に、自分の強みを活かすのがConnecting Dotsの本質ではないか。

MacBookのデザインやフォントが美しいのは、PCのスペックがわからない人にとっても魅力になる。

ジョブズは、好き好んでカリグラフィーを勉強していたから、そういった付加価値をつけられた。

ただ、注意点としては、商品に触れるきっかけや接点を作り出すのは良いことだが、顧客になりえない層との接点ばかり作っていても、効果は薄くなりそうだ。

プロダクトづくり、プロモーションで思考を切り替えてみるといいのかもしれない。

 

RPAのフリーソフト

RPAの注目度が上がっている

以前ご紹介したRPAについて、最近ネット上で情報を見ることが増えてきたため、再び更新しておきます。

RPAのソフトウェア

グローバルで導入実績が多いのは以下2つです。

  • BluePrism
  • Openspan

国内だとBizRobo!の導入が多そうです。

全てソフトウェア・ベンダーの商品であり、現在は高額です。コンサルティング・ファームが業務効率化のソリューションとセットで売る商品になっています。

RPAのフリーソフト

上記の有料のRPAソフトだけでなく、無料のフリーソフトもあります。 “RPAのフリーソフト” の続きを読む

起業する事業領域やビジネスプランの2つの選び方

起業家からの2種類のアドバイス

起業するためにビジネスプランを検討しはじめてから、何度か起業家の方に話を聞きに行った。

事業領域やビジネスプランの選び方について、主に2種類のアドバイスがあった。

  1. 未解決の問題や事業機会を見つけよ(新規性のある事業)
  2. 自分が強みを持つ既存事業を選択せよ(既存事業)

以下にそれらを整理してみた。

起業に興味のある方、スタートアップ転職を考えている方は参考になるかもしれない。 “起業する事業領域やビジネスプランの2つの選び方” の続きを読む

イケてる女性は歩み寄られるのが嫌い(だからフリルも嫌い)

メルカリ半端ねー

最近初めてメルカリを使って、不用品を売りました。

そして、1ヶ月も経たないうちに2回目の出品をしました。笑

インターネット・サービスの研究をする、という動機があって使ったのもあるのですが、

出品に時間がかからなくて簡単。

そして、何より楽しい!

すぐに売れると自分の存在が承認されたような感覚があります。

Facebookの投稿にたくさん「いいね」がつくような疑似体験でした。

何か若干Addictiveで、スキマ時間に何回も無駄に見てしまいます。笑

イケてるサービスのUXは素晴らしいなー、と感動しました。

こういう感動体験があると、自分のサービスもこだわりたくなりますね。感謝。

ただ、梱包や配送まわりに関しては、ググってみたり、よくある質問を精読してみたりと、

結構手間がかかりました。

出品カテゴリなどで判断して、指示を出してもらえると楽だなと感じました。

クロネコヤマトのどのボックスを使って送ったらいいか、梱包はどうすればいいのか、料金はいくらか、など疑問だらけでした。

今回はイヤホンだったので、宅急便コンパクトをファミマで買って、送ればいいとわかるまで15分はかかりました。

15分はダルいよ!メルカリさん!

さて、本題です。

メルカリの話を友人とよくするのですが(もはや完全にファン笑)、面白い話を聞きました。

女性の友人が、フリルってダサいよね、と。*No Offence

ほおお、と身を乗り出し、深掘りしてみました。 “イケてる女性は歩み寄られるのが嫌い(だからフリルも嫌い)” の続きを読む

B2B2Cメディアは広告宣伝費を奪っている

インターネット・サービスは構造が似通っている?

と思って、成長しているインターネットのサービスを調べていると共通点が浮かび上がってきました。

消費者課金と法人課金で言うと後者が多いです。

消費者をメディアに集めて、法人に渡してお金をもらう。

情報の非対称性をコンテンツで解決して、消費者と法人をマッチングする。

さらに細かく2種類のタイプに分けられます。

  1. 特定の取引を規定するプラットフォーム(ホットペッパー・弁護士ドットコム・楽天市場など)
  2. 特定の取引を規定せず人を渡す広告メディア(MERY・ヤフー・クックパッドなど)

収益化に絞って見てみる

法人課金のビジネスの収益化に絞ってみました。

まず、どの予算をとっているかです。以下2つでした。 “B2B2Cメディアは広告宣伝費を奪っている” の続きを読む

早起き・無遅刻を叶える3つの方法

心構え

決まった時間に起きる、行くということは簡単なことではない。

時間や労力を割かないと実現できないことと思いましょう。

寝る時間になったら寝ることを何よりも最優先するのです。

考え事の途中、何かの作業の途中、と切りの良いときを待っていては絶対に寝られません。

寝られないと起きられません。

早起きできない人は、努力が足りません。

夜の時間を楽しむことを優先しているから起きられないのです。

僕は体質が原因だと思っていましたが、今は起きられますので、体質は関係ありません。

具体的な3つの方法

  1. 遮光カーテンをやめ、日光で目を覚ます
  2. いきなり目標の時間に起きようとせず、3日おきに10分ずつ早く起きる
  3. 寝る時間の2時間前からスケジュールをたてて、お風呂や歯磨きなどを計画的に済ます

日光を浴びると目が覚めるので、これで起きる時間が遅れることを防ぎます。

夜早く寝れなくても起きる時間が決まっていれば、眠くなるのでいつか早く寝られるようになります。

いきなり目標の時間に起きても長続きしません。

10分早く起きるようにし、3日同じ時間に起きれたらさらに10分早くするようにしましょう。

これはサッカーの長谷部選手の本からヒントを得ました。

寝る前の時間は、ズルズルと伸ばしがちです。

何としてでも寝られるように、事前にスケジュールを組みましょう。

そして、やりかけであったとしても、寝ることを最優先して寝ましょう。

どうせ、明日やっても問題ないことですよね。

以上です。

なぜ新入りは雑巾がけをするのか?

雑巾がけとは

寺に修行に行くと、必ず雑巾がけを命じられます。

今日考える雑巾がけとは、比喩的な意味で、

人より優れた能力を持たない新入りが任される退屈な仕事のことです。

たいてい意味もわからず、やることを求められますが、僕は理由をわかってやるべきだと思います。

というわけで、意味を考えてみます。 “なぜ新入りは雑巾がけをするのか?” の続きを読む

ユーザーが本当にしたいことってなんだろう?

人はなぜモノを使うのか?

モノは、用事をすませるための手段です。

つまり、用事があるからモノがほしくなります。

ドリルがほしいのではなくて、穴をあけたい。

タイヤがほしいのではなくて、移動がしたい。

ユーザーは、モノに興味があるわけではありません。

自分自身、つまり自分の生活が大切なのです。

サービス企画の視点

したがって、サービスを改善していく際は、 “ユーザーが本当にしたいことってなんだろう?” の続きを読む

英語ができるようになりたいなら英英辞典よりも国語辞典を引け!

英英辞典を引けというが

私は、インターネットの英和辞典を主に使います。

日本語を通して英語を理解したほうが早いからです。

ただし、英単語の核のイメージがつかめないときには、英英辞典を使います。
オックスフォード英英辞書が解説わかりやすいので、ググって調べます。

つまり、英単語の意味が腑に落ちない時、無自覚に英和辞典の訳に問題があることを前提としていました“英語ができるようになりたいなら英英辞典よりも国語辞典を引け!” の続きを読む

自己認識は多様な経験から醸成される

自己認識ができている人

以前、独立した人のトークセッションを聞きに言って思ったこと。

「自己のことがよくわかっているんだな」

自分をよく理解してないと、自己管理ができないから、独立は難しいのでしょうか。

そのことに気づいてから、自分史を書いてみたり、心理学を勉強してみたりと自分を理解しようと努めてきました。

一定の効果はあったものの、十分ではありません。 “自己認識は多様な経験から醸成される” の続きを読む