翻訳サービスのコニャック感想

コニャックとはアマチュアの翻訳者と翻訳してほしい人をマッチングするサービスです。

ソーシャル翻訳サービスと言うそうです。

正直なところ有用とは感じませんでした。ただし、使用目的によるでしょう。無料期間があるので試してみる価値はあります。

■おすすめしない5つの理由

僕の使用目的は、日本語で考えたことを書いて翻訳してもらいそのフレーズを覚えることで英語力を磨くことでした。

つまり、日→英だけの利用です。

1.翻訳の質が著しく低い。

無意味に難解な単語を使ってたり文法ミスがあったり、
コロケーションがおかしかったり、フォーマルすぎたり。

2.翻訳された英語が良いのか判断できない。

そもそも英語が得意でない人が使うサービスなのでこれは致命的。
英語教室の先生が帰国子女でもネイティブでも英語の専門家でもなかったらそこに通いますか?

翻訳者の情報を見て良し悪しを判断できればいいと思った。プロフィールページはあるが翻訳者の情報が無いことが多かった。

3.翻訳しやすい日本語を書けないと正確に伝わらない。

これは英語があまりできない人には難しいと思う。
英語に翻訳するには文脈と具体性が必要。

ニュアンスというレベルじゃなくて、
言いたいことが正確に伝わらない。

日本語で書いた文章の背景知識がある人じゃないと、
そもそも日本語を理解できないと思う。

4.機械翻訳を使って翻訳を量産するユーザーがいる。

たとえば、このaprcesというユーザーがひどい。
http://www.conyac.cc/users/aprces

ひたすら機械翻訳を使って訳している。

もちろん翻訳の受け取りを拒否できるとのことだが、
受け取り率が下がってしまう。
(実際は送信ボタンが押せず拒否できなかったので問い合わせた)

その結果、翻訳が返ってきづらくなるなどのデメリットがある。

5.サイトが重い。動きがもっさりしている。

■まとめ

同じ低価格オンライン教育でもレアジョブほどの満足感はない。
最後に確認だが、これらはあくまで日英訳の話だ。

■改善案

①翻訳者の実力を判断する情報を提供する。

もしくは、

②翻訳者を海外滞在経験者のみに限定する。

理想を言えば、以下の2つがあればいいなと思った。

・修正を要請+翻訳の評価+訂正。
・他に必要としている人に見つかる仕組み。

コメントを残す