なぜ意地悪なことを言ってしまうのか?

言わないと苦痛だから

人は苦痛(欲求不満)から逃れるためにしか行動を起こさない。したがって、意地悪なことを言うことで苦痛から解放されると思っているのだ。

その苦痛とは、癒やされていない傷(コンプレックス)があぶり出された痛みだ。他人の言動によって傷に塩を塗られると、その相手に意地悪をしたくなる。

本人の問題

他人の存在や言動に悪気が全くなかったとしても、本人は自分の解釈で勝手に嫌な気持ちになってしまう。ということは、本人の問題(心の傷を癒せていないことが原因)なので、自分の問題と捉えるとラクになれるのではないか。

なぜ傷ができるのか

「人から選ばれない体験」をしてきた人は傷ができやすいらしい。特に女性は選ばれることが自分の価値に直結するという価値観をインプットされていることが多く、こじらせやすいようだ。

宗教が盛んな国は、精神的に成熟する機会を持ちやすいように思うが、日本は無宗教な分、認知の仕方が未熟な人が多く、自殺者が多いのかもなんて思った。

女子の人間関係から学ぶ

男性でも選ばれない経験をしてきた人には当てはまるので、以下の本を読むことをおすすめする。自分も読んで人間関係でイライラすることを減らすのに役に立った。