「君の名は」「時かけ」の共通点とは

なぜ「もう一回」という気持ちになったのか

「時をかける少女」を見終わった後、すぐにもう一回見直したい衝動に駆られた。すごく切ない気持ちと、なぜこんなに切ないのかが腹落ちしない気持ち悪さが合わさった。

なぜこんなことを思い出したかと言うと、話題の「君の名は」が何回も同じ人に観られていると聞いたからだ。

そして、「アナと雪の女王」もリピーターに支えられてヒットになったと聞いて、また観たくなるという心理に興味が湧いてきた。

アナ雪に関する消費者インサイトはこちらも参照

恥ずかしながら映画館に行くのが面倒なため、まだ「君の名は」を観られていないし、「アナと雪の女王」は一回だけ映画館で観て、その後エルザが歌を歌う場面をYouTubeで何度かみなおした程度なので、「時かけ」を題材に考えてみる。

余談だが、「アナと雪の女王」は映画館でみんなで歌を歌う企画があったり、リピートを意図的に起こしたという事実もあるらしい。

「君の名は」も同じ

日経トレンディにて、プロデューサーの川村元気氏と、USJのCMO森岡毅氏との対談記事が載っていた。以下のような発言があった。

”ロジック通りに作ると面白くないし当たらないんです。自分のわからないものがどこかにないと、人と言うのは感動できない。少しずれるくらいが良い。大きく外れると人は反応できなくなります。”

これだ。

「時をかける少女」を観た時に、「何かよくわからないけど、いい意味で悲しくなった」のは、私にとってわからない部分があったからだ。

一度しかない青春時代、かけがえのない時間を、自分のしょうもない欲望や情けなさ、弱さによって棒に振ってしまう現実に気付かされたのだ。

マコトに自分を重ねて悲しくなったのだが、自分の何がいけなかったのかはすぐに理解できなかった。そして、理解しないといけないという衝動に駆られた。

すぐにわからない良さを認める

人はわからないモノは批判して遠ざけてしまいがちだ。だが、すぐにわからないからこそ理解しようと努力し、自分なりの答えを見つけることで視点が増えると思った。

今後はストーリーや意見のわからない部分を認めて、だからこそ注目してみようと思う。