ソクラテスはなぜ偉大なのか?

哲学とは

哲学とは、本当のことを知ろうとすること。真理を追い求めること。

インサイト部でやりたいことと、一致しているので興味を持ちました。

そこで哲学について簡単に調べてみることにしました。

ちなみに、ソクラテスとは有名な哲学者の名前です。

真理ではあるが、発展性がない

プロタゴラスの相対主義という考え方があります。

それは、「物事の考え方や見方は人によって違う」という真理です。現代風に言うと、正しいものの、何も起こりません。

発展性がないということは、価値がないという見方もできます。つまり、「だから何?」という問いに答えられません。

そういった正論に対して、ソクラテスは「無知の知」という概念により、知らないことを自覚し、真理を追求することの重要性を訴えました。

そういったモノの見方を提示することで、哲学を発展させたのです。だからソクラテスは偉大なのです。

ビジネスの世界にもプロタゴラスがいる

ビジネスにおいても、会議などで「正しいけれども前に進まない発言」を見かけると思います。発言者が「だから何?」に答えられないと前に進みません。

むしろ、他の参加者が発言しにくくなるためマイナスという見方もできます。

プロタゴラスにならず、ソクラテスになるよう心がけようと思います。

以上です。

※参考文献