コンサルタントの読書術

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

【読むといい人】
・暇つぶしで読書をしたくない(読書が嫌い)。
・目的達成の手段として読書を考えている。
→アウトプットをだす必要があり、インプットの手段として読書を考えている。

【効果】
自分はもっと読書するべきなのかという問いを持って読み、
結論として読むべきとわかった。

【費用】
Kindleストアで126円。
Kindle、スマホ、タブレットがあれば読める。

【感想】
目的のない暇つぶしの読書ではなく、
目的達成の手段として読書をとらえている本。

ウェブの記事は読むのに本を読まない理由は、
目的にそわない情報(ノイズ)が多すぎるから。
同じ理由でホリエモンは雑誌を読むことを薦めていた。

本の情報もウェブの情報と同等に扱うという前提で本は読むべき。

【要約】
1.読む前の準備
・目的意識を具体的にする(文章に落とす)。
・アウトプットを設計する。
ex)どんな資料を作るのか、どんな問いに対する解をだすのか。

2.目的に合う部分だけを読む。目安として本の1割しか読まない。
3.同じ分野の本は5冊以上読む。
→肝の部分がわかる。異なる説明方法で理解が深まる。

4.事実・解釈・アクションを区別して読む。
・事実と解釈は批判的に読む。ここが大事。
・アクションは代替案を考える。ここは重要ではない。

5.目的を達成できそうな段階で読むのをやめ実践する。
・アウトプットを作成する。
・解をだそうと考える。

コメントを残す