Huluドラマ『ゆとりですがなにか』が名言の宝庫

ゆとり世代がテーマ

Huluで10話まとめて一気に観ました。面白すぎて止まらなくなりました。

ゆとり世代をテーマにして、大人と若者それぞれへのメッセージが込められていて勉強になった。まとめると、「人を世代で括って片付けるのではなくて、一人一人と向き合おう」っていうことなのかな。

部下、子供、生徒、親、兄弟、全てと向き合えていない現状を鋭く指摘してくれたように思います。

  • 大人は、若者に対して劣等感を感じずにいられず、実は若者が怖い
  • 若者は、意気がるか、しょげるかで普通に弱みをさらけ出せない

名言の宝庫

全キャラクターに共感できる部分がありましたが、茜ちゃんがベストでした。発言がグサグサ刺さるし、こんな人いたら絶対好きになります。

「あんた自分が思ってるほどカッコよくないし頭良くないしダサいんだから自分磨く努力しないと出世しないよ。」

「ダメなままでいいの!変わらなくていいの!そのままのでいいの!変わったその人がいいって言うならそれに当てはまる誰でもいいってことじゃん!」

誰も傷つけないヤツは誰も幸せに出来ないんだよ

続いて山路の名言。

大人も間違える。間違えちゃうんだよ。だから他人の間違いを許せる大人になってください

最後に、まりぶ。

なんか、就活するために、大学入ったみてぇだな。

世の中てめぇ中心で動いてんじゃねぇんだよ!

名言がまとめられているページがたくさんあるので、おすすめです。