アピールより傾聴

自己アピールする自分

自己アピールをする暇があったら相手の話に耳を傾けよう。

言われたことを理解していることを伝えるよりも先に、本当に自分がわかっているのかを確認しよう。

わかったことを伝えるのはその後でいい。相手の時間を無駄に消費してしまうだけだ。

どう思われるかより、正確に意図を汲み取ることが大切。

どうして言いたくなるのか?

わかっていることを言われると、何となくイラッとするというか、面倒に感じてしまう。ただ、わかってないから人に言われるわけだ。だから、自分が本当にわかっているのか疑うきっかけにしよう。

「あれ、もしかして僕わかってないですかね?」