RPA(Robotic Process Automation)とは

RPA(Robotic Process Automation)とは

簡単に言うと、ソフトウェアに人間の作業を代替して行ってもらう行為です。Robotics Automation(ロボティクス・オートメーション)とも言います。

ただし、Pepperのような物理的なロボットが存在するわけではありません。
サーバーにあるソフトウェアが人間の代わりに作業を行ってくれます。

イメージとしては、Excelのマクロが近いです。
一度作業を教えて、記録させると、後は自動で動いてくれます。

一方で異なる点としては、複数のアプリケーションやITシステムを横断する業務プロセスを自動化してくれる点です。

ビジネス観点で言うと、コスト削減や生産性向上を目的にするソリューションです。

また、全ての業務プロセスを可視化してくれるので、一度導入すればさらなる業務効率化のきっかけにもなりえます。

RPAとBPO(アウトソース)の違い

コンサルティング・ファームにおいては、コストカットのための商品として位置づけられます。現在はアウトソースが主流です。

BPO(アウトソース)は、先進国の労働者の業務を標準化・集約化した上で人件費の安い国に出すことです。人件費の差分がコストカット効果となります。

一方で、RPAはロボット=ソフトウェアに業務を代行してもらうことです。人件費と導入コストの差分がコストカット効果となります。

今までは業務のボリュームが小さかったために、ITシステム導入やアウトソースの対象にならなかった業務を大量に自動化できると期待されています。

産業ロボットはブルーカラー・ワーカーを代替しましたが、RPAはホワイトカラーを代替しています。そのことから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれています。

大企業と中小企業の生産性格差が広がるのでは

RPAは業務のボリュームが大きくなければ、今のところ費用対効果が合いません。導入期のため、高価なソフトウエアしか存在しないためです。

そのため、金融や保険を中心とした大手企業はRPAを積極的に導入し、社員の生産性を向上することができ、大企業のホワイトカラー・ワーカーはロボットが代替しにくい付加価値の高い仕事に重心を移すことができます。

個々人のキャリアを考えると、大企業で働く魅力が増すことになりそうです。RPAを導入できない中小企業で働くと、将来安価なロボットに代替される仕事に自分のキャリアの大半を割くことになりかねません。

今後は大手企業と中小企業の生産性の格差がますます広がってしまうのではないかと思いました。安価なローエンドのRPAソフトウェアがでてくれることを祈ります。

こういう情報を知ると、今後は感性を活かしたモノづくりや、人間を相手にする高度な仕事(ソリューション営業やマーケティング・コミュニケーション)などの経験を積んでおかないと仕事を失ってしまうのではという危機感が芽生えます。

もしくは、ビジョンを描き、やることを決める人はロボットに代替されないので、起業家になるかですね。

海外では当たり前に導入されており、国内の金融や小売業界でもテスト的に導入されているようなので、AIやブロックチェーンなどの技術よりも実用化が早そうです。

以上です。

お粗末さまでした。