ブログを読んでほしい人を決める

なぜ、ブログを読んでほしい人(ターゲット)を決めるのか

ブログをはじめたときに、短期目標としていた100記事更新が見えてきています。

100記事書くまでは、毎日書く習慣をつけることを優先し、質にはこだわらないようにしてきました。

自分は一気に負荷を強めて続けられるタイプではない、とわかっていたからです。

ブログを続ける秘訣(習慣化のコツ)

ブログを更新することには慣れてきたので、記事のテーマを統一することに決めました。

目的は、似た価値観の人に読んでもらい、「鋭い! その見方は面白い!」という反応をしてもらうことです。

どんな人に読んでほしいか

  • 無駄が嫌い
  • 本質を捉えたモノの見方をしたい
  • 自分にとって不都合な真実や耳が痛い話も聞きたい
  • 会社を売ってお金持ちになりたい

自分の価値観と興味そのままです。

無駄が嫌いだから、お金や時間を何に使うべきか、どのようにすれば効率的に使えるのか、について日々考えています。

本質を捉えたモノの見方をしたいから、表面的な現象を鵜呑みにせず、深堀りをします。

自分の欠点も積極的に認め、さらけ出し、耳が痛い話をとりにいきます。

会社を作り、大きくして、売って、若いうちに大金を稼ぎたいので、コンサルを辞めてチャレンジします。その泥臭い過程をさらけ出します。

中でも、モノの見方の重要性は、別の機会にじっくり整理して書きたいです。

人生は、モノの見方で決まると気づきました。

おおげさに聞こえますが、レトリックではなく、字義通りにそう思っています。

この記事を読み返して、該当しない記事は、下書きの段階で切り捨てようと思います。

以上です。