英語ができるようになりたいなら英英辞典よりも国語辞典を引け!

英英辞典を引けというが

私は、インターネットの英和辞典を主に使います。

日本語を通して英語を理解したほうが早いからです。

ただし、英単語の核のイメージがつかめないときには、英英辞典を使います。
オックスフォード英英辞書が解説わかりやすいので、ググって調べます。

つまり、英単語の意味が腑に落ちない時、無自覚に英和辞典の訳に問題があることを前提としていました

日本語訳を本当に理解できてる?

ところが、最近下記の単語を調べて気づきました。

astute 抜け目がない

抜け目がないって、意味や用例はなんとなくわかるけどしっくりこない、と感じました。

そこでググって国語辞典で調べたところ、

自分の利益になることに関して手落ちがないこと、というような内容が書いてあって、日本語の意味をよくわかっていなかったなと。

自分の利益になること、というニュアンスは意識できていなかった。

つまり、訳の日本語を正しく理解できてないから、英単語の核の意味をつかめず、使いこなせないケースもある、ということです。

英単語を勉強するときは、英和辞典と国語辞典を用意する。

実際は、紙の辞書をつかう人は多くないでしょうから、ググるだけ。

以上です。