早起き・無遅刻を叶える3つの方法

心構え

決まった時間に起きる、行くということは簡単なことではない。

時間や労力を割かないと実現できないことと思いましょう。

寝る時間になったら寝ることを何よりも最優先するのです。

考え事の途中、何かの作業の途中、と切りの良いときを待っていては絶対に寝られません。

寝られないと起きられません。

早起きできない人は、努力が足りません。

夜の時間を楽しむことを優先しているから起きられないのです。

僕は体質が原因だと思っていましたが、今は起きられますので、体質は関係ありません。

具体的な3つの方法

  1. 遮光カーテンをやめ、日光で目を覚ます
  2. いきなり目標の時間に起きようとせず、3日おきに10分ずつ早く起きる
  3. 寝る時間の2時間前からスケジュールをたてて、お風呂や歯磨きなどを計画的に済ます

日光を浴びると目が覚めるので、これで起きる時間が遅れることを防ぎます。

夜早く寝れなくても起きる時間が決まっていれば、眠くなるのでいつか早く寝られるようになります。

いきなり目標の時間に起きても長続きしません。

10分早く起きるようにし、3日同じ時間に起きれたらさらに10分早くするようにしましょう。

これはサッカーの長谷部選手の本からヒントを得ました。

寝る前の時間は、ズルズルと伸ばしがちです。

何としてでも寝られるように、事前にスケジュールを組みましょう。

そして、やりかけであったとしても、寝ることを最優先して寝ましょう。

どうせ、明日やっても問題ないことですよね。

以上です。