モノづくりの引き算と足し算

機能は絞れ

モノづくりは引き算と言われる。

あったらいいな、という機能を追加するとかえって価値が下がる。

もしくは、価値が届かなくなってしまう。

マーケティングとは、価値を届けるための活動全てと定義した。

消費者の先入観や知覚を事前に把握して、モノやコミュニケーションから、語感で感じ取れるすべての要素を管理しなければならない。

パッケージが女性っぽいから、男向けじゃないと思って素通りした。

文字だと読む気がしなくて、無視してしまった。

届けたい人に、届かなくなる理由を洗い出して全て潰さなければならない。

モノのデザインやUI、機能も価値が届くのを邪魔することがあるのだ。

機能が多いと、一番使ってほしい使い方に気づいてもらえない。

ユーザーの認識能力には限界がある。

僕もサービスを使いこなせないことがよくある。

世の大半は普通の人なのだ。

みんな東大卒じゃないし、常に100%の集中力で使えないし、いつでも使うのをやめられる。

プロモーションは足せ

一方で、プロモーションは足し算と言われる。

と、僕が言ってるだけかもしれない。

逆説的だが、コアの価値を届けるために、何かにあやかって付加価値をつける必要がある場面もある。

例えば、無名な人がポエムを書いてブログに載せても大して読まれないかもしれない。だが、流行りの音楽に詞を載せたら、多くの人に届くかもしれない。

普通の人は、自分に必要なものを見極めることができない。

だから、彼らが惹かれる要素を表に出したり、くっつけたりして価値を届ける。

最初は何かに乗っかるのがいいかもしれない。

・人気ドラマの挿入歌

・人気俳優のCM

・イケてる動画

こういった付加価値の部分に、自分の強みを活かすのがConnecting Dotsの本質ではないか。

MacBookのデザインやフォントが美しいのは、PCのスペックがわからない人にとっても魅力になる。

ジョブズは、好き好んでカリグラフィーを勉強していたから、そういった付加価値をつけられた。

ただ、注意点としては、商品に触れるきっかけや接点を作り出すのは良いことだが、顧客になりえない層との接点ばかり作っていても、効果は薄くなりそうだ。

プロダクトづくり、プロモーションで思考を切り替えてみるといいのかもしれない。