モノを語るよりヒトの反応を見せたほうが心が動く

主語は何か

マーケティング・コミュニケーションの基本をふと思い出しました。

モノの良い所を語るよりも、モノを使ったヒトの反応を見せたほうが興味を惹かれますよね。

DOVEのCMとか、生茶のCMとか。

“モノを語るよりヒトの反応を見せたほうが心が動く” の続きを読む

生活者インサイトとは何か

定義が曖昧な言葉は聞くたびに気持ち悪い思いをするので、よく本質的な定義を考えるのだが、今日はたまたま「インサイト」がすごく引っかかった。

マーケティング用語は日本語にない言葉かつハイコンテクストすぎて理解しにくいものが多い。例えば、典型的な以下2つのキーワードを自分はシンプルに下記のように認識している。おそらくかなりの背景知識がないと本質的な理解は期待できない。 “生活者インサイトとは何か” の続きを読む

「調査に意味があった」とはどういう意味か

調査は意味があったの?

調査設計をする際、調査目的を定義することが大事なのは言うまでもないが、その際に、調査目的は収益につながるようになっていなければならない。
なぜなら、調査には時間とお金がかかる。その分を回収しなければならないからだ。したがって、「調査に意味があった」と捉えるには、時間軸のどこかで収益につながるというロジックが見えていないといけない。

例えば、「○○が発見だったね」と満足してしまうことがあるが、so what?まで考え切らないと片手落ちだ。本記事では、上記の観点をもって調査票をレビューする方法をお伝えしようと思う。 “「調査に意味があった」とはどういう意味か” の続きを読む