自分のアタマで考えよう

読書の論点

自分のアタマで考えるとは何か?

所要時間

計画:1h
実績:1.5h

長い間、積読になってしまっていたちきりんさんの本。自分は定期的にこういう本を読まないとすぐに非論理的な思考しかできない人間になってしまうので、今日からTwitterでちきりんさんを追いかけて、日々自戒できるようにしようと思う。

まだまだ論理的思考の訓練が足りていないので、まずは本書に書かれていることに絞って、仕事以外のことに関しても常に思考訓練をしようと思った。

思考=紙に構造化して整理と捉えて、1日1回何かを思考する。Streaksに登録して毎日振り返る。

要約

“自分のアタマで考えよう” の続きを読む

ロジカル・ファシリテーション

読書の論点


  • 効率的な会議の進め方とは?
  • どのような図解の仕方が有効か?

所要時間


・計画:1h
・実績:1h

文庫本なので文字数が少なく、図解が豊富なのでスイスイ読めてわかりやすい。良書。

ファシリテーション・スキルとは


  • 会議設定
  • 要約
  • 論拠検証
  • 構造化
  • 合意形成

議論が噛み合わないという問題の解決方法を提案している本。安倍政権の「働き方改革実現会議」をきっかけに長時間労働の見直しが謳わられる中、会議を効率化して生産性を上げることは、今後より一層重要になっていくと考えられる。

会議参加者の論理的思考の欠如を補うことがファシリテーターの役割。会議参加者という人的リソースを会議内で上手に活用することが役割とも言いかえられる。上記5つの各プロセスにおいて必要なスキルがあるようだ。 “ロジカル・ファシリテーション” の続きを読む

なぜか好かれる人の「わからせる技術」

読書の論点

・効果的な日本人向けアピールとは何か?
・マーケティングや営業に活かせるポイントは何か?

所要時間

・計画:なし
・実績:2.5h

学び

まず、一つ目の論点について。

大原則として、①聞く姿勢を作る→②伝えたいことを伝えるの順番で必ずコミュニケーションをすることが重要であることを学んだ。 “なぜか好かれる人の「わからせる技術」” の続きを読む

空気のつくり方

●読書の論点
横浜DeNAベイスターズのマーケティングは何がすごいのか?

●所要時間
計画:4h
実績:1h

マーケティング施策の背景にある考え方やマインドのヒントを得るため通読して拾い読みする想定だった。思ったより情報量が少なかったので想定より早く読み終えた。

●学び
マーケティングの考え方にはすごく共感でき、刺激になった。

データ分析やマーケティング戦略立案のような論理的思考でできる部分に乗っける「感性」や「センス」こそがマーケティング施策の効果に差異を生む。

その感性やセンスを身につけるために、日頃から一見無関係に見える商品やサービスにも、アイデアにつなげようという意識をもって大量に触れる。

マーケティング施策の実行においては、タイミングやクリエイティブなど細部にこだわる。

じっくり読んでいないので自信はないが、空気という言葉の定義がたぶん明示されていなかったのでしっくりくるまで調べてみた。

ニュースピックスのインタビューで、「君の名は」の映画プロデューサーが言っていた「集合的無意識」にも近いんじゃないかと思う。 “空気のつくり方” の続きを読む

事業戦略策定ガイドブック

●読書の論点
事業戦略とは何か?

経営戦略>事業戦略>市場戦略等という整理が自分の中にあったが、今まで自分が携わった業務は市場戦略のみであり、事業戦略とは何かよくわかっていなかった。ゆえに事業戦略にはあって、市場戦略にはない論点を理解してみようと思った。

●所要時間
計画:1h
実績:5.5h

言葉の定義を理解するためには、30~60ページを抽出すればいいと考え、自分の読むスピードを踏まえると1hで終わるという想定だったが、想定外の示唆が多かったため寄り道をして通読することに決めた。つまり、学びの多い本だったため時間をかけた。

●学び “事業戦略策定ガイドブック” の続きを読む

IoTプロジェクトの教科書

IoTプロジェクトの教科書を読んだ。まえがき通り非常に実践的な内容だった。

身近なIoT機器はスマホという解説は非常に上手だと思った。自分もそう気づいたばかりだったので何か嬉しかった。以下に、抜粋とそこから自分が考えたことを書き記す。 “IoTプロジェクトの教科書” の続きを読む

IoT基礎まとめ(粗々)

出典:http://tech-sketch.jp/2015/08/iot_fogcomputing_1.html

↑一番わかりやすかった図解

IoTの基本

IoTについて調べた。
ビジネス領域としては大きく5つほどあるようだ。

A.データ化(センサー)
B.データ蓄積(クラウド)
C.データ分析(AI)
D.データ活用による顧客価値の創出
E.通信ネットワークインフラ

最もわかりやすかったインターネット記事は以下。
・「IoT」とは何か、今さら聞けない基本中の基本-モノのインターネットで何がどう変わるのか
スマートシティとは(スマートシティがわかるとIoTを理解しやすい)
https://iotnews.jp/archives/1218

書籍なら以下がおすすめ。

顧客価値の創出が課題

IoTビジネスを創りたい自分としては、Dの領域を考察していきたい。
顧客価値がゴールにあって、分析や蓄積、データ化を最適化するという位置づけ。

顧客課題を考えずに、とれるようになったデータをとって、最新技術でデータ解析できるようにしましたみたいな事例が今は多すぎる。

逆に、ねこったーは全然ハイテク感がないが、顧客課題をしっかり捉えているし、Dの領域に工夫があると思う。

猫の様子を知りたいという顧客課題に対して、ただ行動を記録して伝達するだけでなく、猫がつぶやくという見せ方は面白い。こういった領域はWebサービスを運営する企業が活躍するのではないだろうか。
https://mono-wireless.com/jp/nekotter/

IoTでどんなことが可能か電車の中で少し空想してみてパッと思いついたのは、警察や救急の通報自動化システムだ。

例えば、空き巣。ドアをスマートロックにして、開閉が記録できて、住人の位置情報をとっていたら、自動的に空き巣判定して、セコムが出動できたりとかありえると思う。

ヘルスケアの領域で発展した技術と防犯カメラの認識技術を組み合わせて、誰かが致命的な怪我をしたら通報無しで救急車が出動したりとかも。

顧客価値のデザインをどうやるか

サービス企画の視点から検討すべき論点だと思うのは、「顧客課題とIoTのソリューション(できること)を結びつけることをどういうアプローチで行うのが効率的なのか」ということ。

IoTソリューション(テクノロジー)起点の場合は、解決できる顧客課題の仮説をたて、アイデア段階で実際に営業して顧客課題にフィットするかを仮説検証するのがいいのだろうか。

一方で、顧客課題を起点にする場合は、ソリューションを一定量インプットしてから解決策をブレストしていくといいだろうか。ここは試行錯誤して今後最適解を見つけたい。

マーケット感覚が問われる

余談だが、顧客課題と解決策(ソリューション)をマッチングするという行為は、どちらもインプットしていないと、情報だけ手に入れても、その情報の捉え方(視点)が平凡であるあまり、ビジネスチャンスに気がつかないように思う。

ちきりんさんの本で読んだマーケット感覚っていう言葉を思い出した。
マーケッターやサービス企画の人間は必須のスキルだと思う。
マーケット感覚の天才になりたいものだ。

“IoT基礎まとめ(粗々)” の続きを読む

ウェブ技術超入門ブックマーク

ウェブアクセスの基本(HTTP理解)半端なくわかりやすい。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060215/229458/?ST=selfup

3 minutes networking(HTTPとかネットワーク。本がでてる。秀逸)
http://www5e.biglobe.ne.jp/%257Eaji/3min/

HTTPステータスコード一覧
http://homepage1.nifty.com/yito/anhttpd/statuscode.html

Apache2.2ベーシック認証
http://jigen.aruko.net/2006/11/02/the-basic-certification-is-changed-if-i-make-it-apache22/

Apacheベーシック認証
http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/apache04_01.jsp

HTTP基礎 Telnetとか。XXSとか。
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/httpbasic01/httpbasic01.html

サラリーマン副業の始め方と青色申告

「いつか独立したい」
「給与収入だけじゃ物足りない」

そうお考えの方は副業に興味をお持ちだと思います。
この記事では収入を得るために何をやるかではなく、税金のお話をします。

無料で始められるビジネスも多いですが、
その分リターンも見込めないものが多いです。
ある程度の初期投資をして副業を始めたい方は節税について知る必要があるでしょう。

やることはたった3つです。

1.個人事業主の開業届け提出
2.青色申告承認申請書の提出
3.日々の領収書集め&帳簿づけ

覚えるべきキーワードとおすすめの本を紹介します。

■損益通算
副業をして得た売上は事業収入となります。
会社に勤めて得る給与収入とは別です。

これらは損益通算できます。

つまり事業が赤字の場合、
給与所得から赤字額を引き算できることになります。

副業を始めてすぐに黒字になることは稀だと思います。
もしかしたら3年くらい赤字のままかもしれません。

その場合でも赤字の期間は、
副業をしていない時より税金は安くなります。

■経費とは
経費と認められるかどうかは、
事業収入を得るために必要な出費であるかどうかが基準となります。

必ず証拠が必要となります。
領収書がベストですが、記録があれば領収書でなくても問題ありません。
出金伝票に書くのを以下の本では薦めていますね。

これらを読めばとりあえずOKです。

コンサルタントの読書術

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

【読むといい人】
・暇つぶしで読書をしたくない(読書が嫌い)。
・目的達成の手段として読書を考えている。
→アウトプットをだす必要があり、インプットの手段として読書を考えている。

【効果】
自分はもっと読書するべきなのかという問いを持って読み、
結論として読むべきとわかった。

【費用】
Kindleストアで126円。
Kindle、スマホ、タブレットがあれば読める。

【感想】
目的のない暇つぶしの読書ではなく、
目的達成の手段として読書をとらえている本。

ウェブの記事は読むのに本を読まない理由は、
目的にそわない情報(ノイズ)が多すぎるから。
同じ理由でホリエモンは雑誌を読むことを薦めていた。

本の情報もウェブの情報と同等に扱うという前提で本は読むべき。

【要約】
1.読む前の準備
・目的意識を具体的にする(文章に落とす)。
・アウトプットを設計する。
ex)どんな資料を作るのか、どんな問いに対する解をだすのか。

2.目的に合う部分だけを読む。目安として本の1割しか読まない。
3.同じ分野の本は5冊以上読む。
→肝の部分がわかる。異なる説明方法で理解が深まる。

4.事実・解釈・アクションを区別して読む。
・事実と解釈は批判的に読む。ここが大事。
・アクションは代替案を考える。ここは重要ではない。

5.目的を達成できそうな段階で読むのをやめ実践する。
・アウトプットを作成する。
・解をだそうと考える。