生産性の低い本の読み方ベスト3

生産性の低い本の読み方ベスト3

1.大事なところを暗記しようと読む。
→受験勉強か!
2.最初から最後まで全部読む。
→真面目か!
3.大事だと思ったところに付箋を貼ったり、折り目をつける。
→図工か!

情報の暗記が非効率なことは以下の記事に書きました。
暗記は10代が成せる芸当です。20代以上は非生産的なのでやめましょう。
ビジネスの成果につながる情報収集の3ステップ

本を最初から最後まで読むのは、暇人のやることです。
ただ暇つぶしで読書するのが好きな人はそれでいいと思います。
お酒飲むことや、SEXするのに生産性を求めないことと同じですよね。

「ビジネスの成果をだすために読書をしたい」という場合は、
以下の本を読みましょう。刺さりすぎて勃起しそうになりました。

本をアウトプットをだすための手段としてとらえている点が秀逸です。
本を読んでその場でアウトプットにつなげると。

おおまかに3つ書かれています。

1.読む前の準備
2.本の選び方
3.読み方

・読書する前に情報の利用目的を決め必要な箇所だけを読む。利用目的はできるだけ具体的に。
→本は1割の内容だけ読むことが目安。
・大枠から体系的に書かれている本を選んで読む(本の選び方の章は超絶参考になります)
・アウトプットイメージを持って読む。読みながらアウトプットを出す。でたら読むのやめる。
・アウトプットにつながらない本は即読むことをやめる。

・情報を事実、解釈、アクションに分けて受け止める(雲雨傘)。
・事実と解釈がでてきたら批判してみる。
・アクションがでてきたら代替案を考える。
→知識を活用しようとアクションに目がいきがちですが事実と解釈のほうが大切。

本の選び方が一番参考になりました。著者の言う原理原則本はあまり読んでいませんでした。
アマゾンで売れている本は成功本やハウツー本が多いですが、あれは暇人向けです。

アメリカの学者が書いた本は良書が多いですね。

最後、付箋つけたりするのは、その場でアウトプットにつなげていない証拠ですね。
とはいえ、必要な時に情報を引き出せるようにする仕組みづくりとしては○です。

僕はEvernoteなどに検索できる形で残すようにしています。
本を捨てられないと邪魔だからです。

1.情報はその場でアウトプットにつなげる
2.今すぐ必要ないときは利用価値と引き出し方だけ暗記する(特にフレームワーク!)

ビジネスの成果につながる情報収集の3ステップ

暗記って20歳超えたらもうキツいです。
有用そうな情報に出会った時、その知識は、

1.どういう時に利用価値があるのか
2.どうやって必要な時に情報を引き出すか

の2つを暗記することが大切です。
情報それ自体を覚える必要は全くないという点が大切です。

例えば、Excelのvlookup関数の使い方を覚える必要はありません。
その意味も覚える必要はありません。

僕は、共通のユニーク値を持ってる表を結合したい時に使えると覚えています。
よく使うので暗記してしまっていますが、最初は毎回Googleで「vlookup」と検索していました。
vlookupすら覚えず「Excel 突き合わせ」と覚えてもいいかもしれません。

利用目的と引き出し方の2つだけを覚えることが大切です。
今すぐ必要のない有用な情報に出会ったときは、引き出すための仕組みを構築しましょう。

1.Evernote等に入れて検索キーワードを暗記する(ナレッジデータベース)
2.Googleの検索キーワードを暗記する

最近、日々の業務もマニュアル化して実行したほうがいいなと思っています。

若手だと目標を与えられて、HOWのアウトプットをだすよう命じられることは多いと思います。
そういう時も毎回うーんと考えずに、考え方を決めておいて、
毎回それを引き出してそれ通りにやるようにしたいです。

できるだけ暗記しない。記憶を信用しない。

1.情報の利用価値を知り
2.情報の引き出し方を決め
3.引き出す仕組みを構築する

これで仕事の生産性はかなり上がるのではないでしょうか。

サラリーマン副業の始め方と青色申告

「いつか独立したい」
「給与収入だけじゃ物足りない」

そうお考えの方は副業に興味をお持ちだと思います。
この記事では収入を得るために何をやるかではなく、税金のお話をします。

無料で始められるビジネスも多いですが、
その分リターンも見込めないものが多いです。
ある程度の初期投資をして副業を始めたい方は節税について知る必要があるでしょう。

やることはたった3つです。

1.個人事業主の開業届け提出
2.青色申告承認申請書の提出
3.日々の領収書集め&帳簿づけ

覚えるべきキーワードとおすすめの本を紹介します。

■損益通算
副業をして得た売上は事業収入となります。
会社に勤めて得る給与収入とは別です。

これらは損益通算できます。

つまり事業が赤字の場合、
給与所得から赤字額を引き算できることになります。

副業を始めてすぐに黒字になることは稀だと思います。
もしかしたら3年くらい赤字のままかもしれません。

その場合でも赤字の期間は、
副業をしていない時より税金は安くなります。

■経費とは
経費と認められるかどうかは、
事業収入を得るために必要な出費であるかどうかが基準となります。

必ず証拠が必要となります。
領収書がベストですが、記録があれば領収書でなくても問題ありません。
出金伝票に書くのを以下の本では薦めていますね。

これらを読めばとりあえずOKです。

コンサルタントの読書術

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

【読むといい人】
・暇つぶしで読書をしたくない(読書が嫌い)。
・目的達成の手段として読書を考えている。
→アウトプットをだす必要があり、インプットの手段として読書を考えている。

【効果】
自分はもっと読書するべきなのかという問いを持って読み、
結論として読むべきとわかった。

【費用】
Kindleストアで126円。
Kindle、スマホ、タブレットがあれば読める。

【感想】
目的のない暇つぶしの読書ではなく、
目的達成の手段として読書をとらえている本。

ウェブの記事は読むのに本を読まない理由は、
目的にそわない情報(ノイズ)が多すぎるから。
同じ理由でホリエモンは雑誌を読むことを薦めていた。

本の情報もウェブの情報と同等に扱うという前提で本は読むべき。

【要約】
1.読む前の準備
・目的意識を具体的にする(文章に落とす)。
・アウトプットを設計する。
ex)どんな資料を作るのか、どんな問いに対する解をだすのか。

2.目的に合う部分だけを読む。目安として本の1割しか読まない。
3.同じ分野の本は5冊以上読む。
→肝の部分がわかる。異なる説明方法で理解が深まる。

4.事実・解釈・アクションを区別して読む。
・事実と解釈は批判的に読む。ここが大事。
・アクションは代替案を考える。ここは重要ではない。

5.目的を達成できそうな段階で読むのをやめ実践する。
・アウトプットを作成する。
・解をだそうと考える。

サラリーマン副業のすすめ

今日はサラリーマンの副業のメリットをあげます。

  1. 本業では身につけられないスキルを身につけたり経験を積んだりすることができる
  2. 収入がゼロになるリスクがない
  3. 収入が増える

何から始めるかですが、
アイデアがない場合はブログがおすすめです。

ブログを書くことで、
SEO対策や、HTML等ウェブの技術を知ることにもなり、得することしかありません。

私は自分のいる業界のニュースを解説したり、
ノウハウ講座のようなブログを作ってアフィリエイトをしています。
アクセスさせ集めれば小銭を稼ぐことができます。

会社にいて働くことで普通の人が知り得ることのない貴重な情報を手に入れることができます。皆さん気づいてないですが、それは価値のある資産です。

会社に不利益を与える情報はダメですが、
そんな情報でなくても会社にいない人にとって貴重な情報はたくさんあります。

人は責任のある立場で何かをやると、
何もやってない人知らない貴重な情報を知ることになります。
それは読み物として面白くアクセスを集めるのです。

次に考えているのは、情報商材やノウハウメルマガ、代行業です。
代行業ですが、お金を貯めて高額な固定資産を買い代行する形は副業としてぴったりです。例えば電子書籍を自炊代行会社なんて、安い人件費の作業人員とスキャナー、裁断機があれば自分は何もしなくても儲けられます。私は自炊代行をやるつもりはないですが。

個人がバラバラにやると高額になるもの、スキルがあったほうが早く終わるようなものは狙い目だと考えています。

そもそもエコシステムを自分で作ってしまって、その中で代行をするというのもいいです。ゴールドラッシュの際に、掘る道具を売った人が一番儲かったみたいな話で言うと、金があるよと教えてあげて、そそのかされた人に掘る道具を売るポジションに自分がつくということです。

ショッピングモールサイトとか、ソーシャルゲームのプラットフォーマーってそんな感じですよね。条件として、集客力や実績、ノウハウがないとダメですけどね。そこをゴールに置いて自分もプレイヤーとして始めるべきなのです。

そそのかされて始めてるうちはダメですね。

スポーツ心理学者が教える働く意味の見つけ方

■前置き
新卒で入社して3ヶ月。
成果をあげていたが仕事は苦痛だった。
だんだん手を抜くようになり悩んでいたときに読んだ。

■要旨

・働く意味を見出すことでやる気がでて成果もでる。
・お金以外の目的を持つことで結果としてより多くのお金も得られる。

・働く意味を見出すためには、常に肯定的な意味があると信じて探し続けること。
・やる気をだすためにはまず行動をすること。やる気が自然に湧いてくることはありえない。
・行動→充実感→やる気→行動という循環。それを繰り返しつつ働く意味を見いだせれば、この循環がさらに強固になっていく。
・人は行動と成果が連動することで充実感を得られる。成果が良くても手を抜いていると充実感が得られない。美人が美人と褒められてもたいして嬉しくないのと同じ。

・中国語には「やる気」という言葉はない。「覚悟」と言う。つまり、覚悟をしていれば行動するということ。日本では腹をくくるという人が多い。

・目標は目的を達成する手段。
・目標の高さよりも目標に意味づけができているかが重要。

■感想
自分がやるべきことの肯定的な意味を常に見出すことができるようになりたいと思った。会社の上司でこれをマインドセットするスキルと呼んでる人がいた。

自分は他人に嬉しい驚きを与えるために仕事をしたいと思った。ここでいう他人は、社内の人でも取引先の人でもユーザーさんでもいい。すごすぎて笑っちゃうようなことをしたい。

もう一つは、単純に自分が成果をあげると幸せな気持ちになる人がたくさんいるんじゃないかと思う。上司はもちろん、おれの採用を決めた社員、同期、友人、家族、仲良くなった営業先の人w

あと話は変わるが、就活する時にお金以外の働く意味を見出しておくといいんじゃないかと思った。

スポーツ心理学者が教える「働く意味」の見つけ方

スポーツ心理学者が教える「働く意味」の見つけ方

The Profit ビジネスモデル

最近ビジネスモデルを図解して理解する方法を実践している。
①誰が②何を③どのように提供しているのか。

さらに重要なことは何をやってどういう結果(会計の数字)がでたか。
今後何を目指しているのか。

ビジネスモデルを多く知っていれば、
事業を考えるときに有用だ。

ザ・プロフィットという本がいいと薦められた。

MacBookのキーカーソル移動を高速化する

Windowsと比べて遥かに遅い文字入力する際のカーソル移動!
KeyRemap4MacBookで高速化できるようです。
KeyRepeatタブの設定でInitial WaitとWaitの数字を小さくすると早くなります。

参考記事
http://weeeeeeblog.blogspot.com/2011/01/mac.html

翻訳サービスのコニャック感想

コニャックとはアマチュアの翻訳者と翻訳してほしい人をマッチングするサービスです。

ソーシャル翻訳サービスと言うそうです。

正直なところ有用とは感じませんでした。ただし、使用目的によるでしょう。無料期間があるので試してみる価値はあります。

■おすすめしない5つの理由

僕の使用目的は、日本語で考えたことを書いて翻訳してもらいそのフレーズを覚えることで英語力を磨くことでした。

つまり、日→英だけの利用です。

1.翻訳の質が著しく低い。

無意味に難解な単語を使ってたり文法ミスがあったり、
コロケーションがおかしかったり、フォーマルすぎたり。

2.翻訳された英語が良いのか判断できない。

そもそも英語が得意でない人が使うサービスなのでこれは致命的。
英語教室の先生が帰国子女でもネイティブでも英語の専門家でもなかったらそこに通いますか?

翻訳者の情報を見て良し悪しを判断できればいいと思った。プロフィールページはあるが翻訳者の情報が無いことが多かった。

3.翻訳しやすい日本語を書けないと正確に伝わらない。

これは英語があまりできない人には難しいと思う。
英語に翻訳するには文脈と具体性が必要。

ニュアンスというレベルじゃなくて、
言いたいことが正確に伝わらない。

日本語で書いた文章の背景知識がある人じゃないと、
そもそも日本語を理解できないと思う。

4.機械翻訳を使って翻訳を量産するユーザーがいる。

たとえば、このaprcesというユーザーがひどい。
http://www.conyac.cc/users/aprces

ひたすら機械翻訳を使って訳している。

もちろん翻訳の受け取りを拒否できるとのことだが、
受け取り率が下がってしまう。
(実際は送信ボタンが押せず拒否できなかったので問い合わせた)

その結果、翻訳が返ってきづらくなるなどのデメリットがある。

5.サイトが重い。動きがもっさりしている。

■まとめ

同じ低価格オンライン教育でもレアジョブほどの満足感はない。
最後に確認だが、これらはあくまで日英訳の話だ。

■改善案

①翻訳者の実力を判断する情報を提供する。

もしくは、

②翻訳者を海外滞在経験者のみに限定する。

理想を言えば、以下の2つがあればいいなと思った。

・修正を要請+翻訳の評価+訂正。
・他に必要としている人に見つかる仕組み。

最適解は消去法で

楽しい人生を送るためには、
やりたいことを探してはいけない。

なぜなら、やりたいことをやると、
やりたくないことをやらなければならない場合があるからだ。

したがって、やりたくないことをやらなくて済むことをやるのが最適解になる。

たとえば、起業をしたいと思っても
頭下げるのが嫌いだったり、忙しいのが嫌いだったら楽しくないはず。

上記は神田昌典氏の非常識な成功法則に書いてあったこと。

つまり、

「最適解は消去法で選択する」

それを踏まえて自分のキャリアを考えてみる。

だが、やりたいかやりたくないかではなく、
できる・できないで考えてみた。

つまり、価値をだせるかどうかで。

自分ができないことや苦手なことを挙げてみた。

イノベーションを起こせない。
たいして人も動かせない。
人脈も構築できない。
カリスマでもない。
凡人。
頭も良くない。
プログラミングは武器にできない。
デザインもダメ。

逆にできそうなこと(好きなこと)は、

人の悩みやニーズを知る
ビジネスチャンスを探す
調査する、仮説を検証する
売り込む
戦略をつくる。
WIN-WINの仕組みをつくる。

となると、

営業?
マーケティング?
サービス企画?
事業創造?

わからない。
これから探していくしかない。

アップルのCEOスティーブ・ジョブズは、
給料がもらえなくてもやりたいことを探せと言った。

自分に関しては、
向いてること=やりたいことだ。

自分が選んだことを常に本気で取り組んでいくしかない。
一方で諦めも肝心。

難しい。

Keep looking, Don’t settle.

ジョブズの言葉を思い出す。

どんな分野でも一番になれないと思っている。
だって凡人だから。

とはいえ最後はポジティブにまとめよう。

小さいコミュニティーの範囲とはいえ、
自分にしかだせないバリューは絶対にある。

ミッションも2つ考えてみた。

IT技術やインターネットの力で、
できるだけ多くの人の悩みを解決すること。

若者の力で日本が世界から尊敬されるように、
自分のできる範囲で貢献すること。