河野悦子と外資コンサルが教えてくれる日本のモノづくりの強み

地味な細かい仕事にもプロ意識を持つ

校閲ガールのドラマを観ていて思うのは、外資コンサルのアナリストの仕事と似ているということです。

特に事実確認。

河野悦子はミスもしますが、一つ一つの仕事を完璧に行い、プロ意識が高いと思います。

コンサルのアナリストもデータを収集して、事実を確認します。細かいことも一つ一つ確認して、丁寧にパワポの資料に落とし込みます。細かい作業でもプロ意識が問われる点が似ています。

なぜ資料の細部にこだわるか

コンサルタントにとっては、「パワポが商品だから細かい点までこだわる」とよく聞きます。

もう少し深堀りをすると、聞き手の集中力を、伝えたいことに100%注いでもらうためだと思います。伝えたいことをわかってもらい、クライアントを動かして初めて価値が生まれます。

文言がわかりにくいと集中が途切れる。

レイアウトが崩れていると、中身の質が低いのではと疑ってしまい集中が途切れる。

データの数値に誤りがあると、すべてに信頼ができなくなる。

 

このように、地味ではありますが、非常に大切なことなのです。

モノづくりもこだわりが大事

「神は細部に宿る」とモノづくりの世界ではよく言います。

河野悦子も、女性ファッション雑誌「Lassy」の愛読者で、隅から隅まで読んでると言っていました。だから、効率を重視する編集部に細かい部分までこだわるべきだと主張しました。

大企業だとあるあるな場面ですね。

客観的に証明しにくいことを他人に主張して、説得して腹落ちしてもらうのは非常に難しいことです。

だから、どうしても「証明できなかったり、言葉で説明できなかったりするけど正しい気がすること」は効率の観点で捨てられてしまいます。

細部へのこだわりは日本の強みだ

でも、日本のモノづくりが世界で競争力を持っている理由は、

職人の「一見合理性のなさそうなこだわり」ではないでしょうか。

スティーブ・ジョブズが誰も見ないようなPCの中身のパーツの配列を揃えろと言ったような、「変態的なこだわり」が圧倒的な支持を集める商品を作ることがあります。

日本人は、合理的思考が強みではないので、意味分からない変態的なこだわりでモノづくりを行い、それをアメリカ人や中国人に売ってもらうという立ち位置がいいのではと思います。

以上です。

お粗末さまでした。

 

外資コンサルで学んだ英語を翻訳する3ステップまとめ

英語を翻訳する3ステップ

日本語で作成されたパワーポイントのプレゼン資料を英語に翻訳する仕事をしました。

上司から外資コンサル流の英語翻訳についてフィードバックと自分でも効率的な方法を考えたのでまとめてみます。 “外資コンサルで学んだ英語を翻訳する3ステップまとめ” の続きを読む

日本語の連語(コロケーション)辞書が便利すぎる

言葉が思いつかない!

自分が伝えたいことを上手く文章にできない時がよくあります。

特に、名詞は決まっていて、それに合う動詞が思いつかない時が多いです。

そんな時、英語だと良くコロケーション辞書を使っているので、日本語でも使ってみることにしました。

いくつか、使ってみたところ以下のサイトが最も使いやすいです。 “日本語の連語(コロケーション)辞書が便利すぎる” の続きを読む

生産性を考えると英語を話すより読むべき

スピーキング至上主義

日本人は英語に関して、スピーキング至上主義ではないだろうか。

優劣で言うと、スピーキング>リスニング>ライティング>リーディング。

スピーキングできないと英語できるとは言えないという空気ありますよね。

正解を求めるあまり、話すことに苦手意識が生まれ、それがコンプレックスになってしまう。

だからこそ、英語を学ぶ意欲が湧いたときは、やたらとスピーキングを重視したがる。
例に漏れず僕も英語を話したい欲求が強い。

シンガポールやフィリピンに語学留学まで行きました。
だから、日常会話はできます。

ただ振り返ってみると、英語を話せるようになるのに必要なお金や時間、努力の量は相当です。投下資源と成果とのバランス(生産性)を考慮すると、身につけるかどうかは立ち止まって考える必要があると思います。

リーディング能力に誇りを持とう

日本の英語教育は読む能力の強化に偏っています。

言い換えると、リーディングに時間を集中投下しています

今までの投資を回収するためにも、強みであるリーディング能力に特化してメリットを得るのは良い考えだと思います。

例えば、英文を読めるとインプットの幅が広がります

英語を読むためではなく、興味のあることを知るために英語の情報にあたるとなお良いです。

しかも、英文を読む能力は得るために必要な投下時間がスピーキングとくらべて遥かに少ないです。

さらに、読むだけでいいので、維持コストも低いです。

維持するコストは意外と無視されがちです。
外国語は能力の維持にコストがかかりすぎだと思います。

だから、僕はあまり好きでないです。

読む能力だけに注力しようと決めると大分ラクなのでおすすめです。

英語はインプットのツールとして位置づけ、自分が最も価値を発揮できる分野の生産性を高める手段として活用する。生産性の高いコトに時間を使いたいですね。

グーグル翻訳の精度が高すぎて英語の勉強がバカらしい

日本語の英訳が難しい理由

TOEIC980の私でも、翻訳・英訳はむずかしかったです。日本語ってビジネスに向かない言葉だなーとつくづく思います。英語ネイティブに生まれたかった…。

具体的に言うと、日本語は、 “グーグル翻訳の精度が高すぎて英語の勉強がバカらしい” の続きを読む

つまらない単純作業が好きになる3つの言葉

久しぶりの単純作業

今日はパワポの資料を英訳する仕事をしました。

いわゆる、単純作業です。

そういう仕事も嫌ではないのですが、自分がやるべき理由を考えてしまいますね。

上司が外注する手間を省けたことが価値なのかなぁとか、

品質を確実に担保できると信頼されているのかなぁとか。

単純作業を乗り切るコツ

“つまらない単純作業が好きになる3つの言葉” の続きを読む

アピールより傾聴

自己アピールする自分

自己アピールをする暇があったら相手の話に耳を傾けよう。

言われたことを理解していることを伝えるよりも先に、本当に自分がわかっているのかを確認しよう。

わかったことを伝えるのはその後でいい。相手の時間を無駄に消費してしまうだけだ。

どう思われるかより、正確に意図を汲み取ることが大切。

どうして言いたくなるのか?

わかっていることを言われると、何となくイラッとするというか、面倒に感じてしまう。ただ、わかってないから人に言われるわけだ。だから、自分が本当にわかっているのか疑うきっかけにしよう。

「あれ、もしかして僕わかってないですかね?」

ブログ運営方針を決めてみた

ブログの目標とKPI

ブログを運営する目的から、目標・KPIを設定することにしました。

  • 目標:ブログでファンを作り、本をだす
    • 専門領域やユニークな切り口を確立する
      • コンサルの仕事を通じて学ぶ
    • 2016年3月までに10万PV
      • 200記事作成して、全てインデックスさせる(SEO)
        • 毎日1記事更新する

記事数だけをKPIにして、これまで70記事書いてきました。記事の更新には慣れてきたので、明日から隙間時間でブログ運営に関するノウハウ本を読んでみることにします。

以上です。

 

Huluで観るドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』

日本のドラマ面白い

今日は柔らかめの話題を書いてみます。

海外ドラマで観たい作品がなくなってしまったため、日本のドラマにも手を伸ばしてみることに。石原さとみに惹かれて、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」をHuluで観ました。

普段、海外ドラマを観ていると、「本物を観ているから日本のドラマは観てて恥ずかしい」みたいなイタイ感じになってきちゃっていたのだが、このドラマは素直に面白いと感じた。 “Huluで観るドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』” の続きを読む

Huluドラマ『ゆとりですがなにか』が名言の宝庫

ゆとり世代がテーマ

Huluで10話まとめて一気に観ました。面白すぎて止まらなくなりました。

ゆとり世代をテーマにして、大人と若者それぞれへのメッセージが込められていて勉強になった。まとめると、「人を世代で括って片付けるのではなくて、一人一人と向き合おう」っていうことなのかな。

部下、子供、生徒、親、兄弟、全てと向き合えていない現状を鋭く指摘してくれたように思います。 “Huluドラマ『ゆとりですがなにか』が名言の宝庫” の続きを読む