心が折れる若者の本音

気持ちが燃えにくい若者

今の若者は、好き・嫌いの気持ちが弱い。

自分自身、とても実感があります。

強い気持ちを持ちたいと思っている。なぜなら、自分の気持ち・意思を意識できると、生きている実感を持てるから。それが行動を起こす活力になる。

ところが、持てない。

弱い気持ちでも、希少で価値があるから、なんとか気持ちを維持しようとする。例えば、維持につながる情報だけを意識的に見る。

世の中の情報は、自分の気持ちを補助するために存在すると考えているかのように振る舞う。そして、反対の意見を持つ他人を批判する。炎上させる。

心が折れるとは

“心が折れる若者の本音” の続きを読む